PR 女装コラム

女装ハッテン場とは?利用する流れ、マナーについて解説!

女装ハッテン場とは?利用する流れ、マナーについて解説!

女装子さんと気軽に出会えるハッテン場

存在は知っているけど、まだ行ったことが無くて気になっているという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、実際に発展場で女装子さんと出会う機会の多い筆者が、

・ハッテン場の概要
・ハッテン場での女装子さんや男の娘との出会い方
・マナーや注意点

などをまとめます!

「ハッテン場に行ってみたいけど、どんなところかよく分からない」という方はぜひどうぞ!

女装子や男の娘と出会えるサイト

ハッテン場とは?

ハッテン場でのマナー

そもそもハッテン場が何なのかよくわからない、という方のために概要をまとめます。

もう知っている、という方は読み飛ばしてくださいね。

ハッテン場とは、女装子さんやゲイさんの出会いスポットとして利用されている場所のこと。

大きく分けるとサウナ型、ビデオボックス型などの有料ハッテン場と、公園など無料で利用できるハッテン場の2種類があります。

有料ハッテン場の相場は、2,000円から3,000円ほどのところが多いですね。

また、有料ハッテン場の中にも「ゲイさんのみが利用可能」、「女装子さん、ゲイさんどちらも利用可能」、「女装子さんがメイン」など複数種類があるのが特徴です。

ややこしいので、ハッテン場の種類を表で分けてみました。

有料ハッテン場 【ゲイさんのみ利用可】サウナタイプのハッテン場が多い
【ゲイさん、女装子さんともに利用可】個室のあるビデオボックスタイプが多い
【女装子さんがメイン】個室のあるビデボックスタイプが多い
無料ハッテン場 【ゲイさんの多い公園】
【ゲイさん、女装子さんともに利用する公園】
【女装子さんがメインの公園】

ゲイさん専用のハッテン場に比べると数は少ないですが、全国には女装子さんがメイン層のハッテン場がいくつかあります。

有名どころを挙げると、池袋owl、大塚空蝉、新宿ラフレシアなどがそうですね。

もしくは、チェーンのビデオボックスなどが暗黙の了解でハッテン場になっているケースもあります。

【関連記事】

池袋アウル(OWL)を使ってみた体験談

大塚空蝉を使ってみた体験談

入店してから女装子さんとハッテンするまでの流れ

では、有料ハッテン場に入店してから女装子さんとハッテンするまでの流れについて見ていきましょう。

基本的な流れは、

①受付でお金を払う
②ロッカールームで着替えてシャワーを浴びる
③ハッテン場内(大部屋や談話室)で好みの相手を探す
④自分からアピールor女装子さんからアピール
⑤個室に移動してハッテン

という感じ。

ハッテン場は前払い制となっているので、ラブホなどと同じようにまずは受付でお金を払います。

中には受付でゴムやローションをもらえるハッテン場もあるのですが、女装専用のハッテン場ではそうしたサービスはあまりありません。

オプションでゴムなどを販売しているところもありますので、事前に利用するハッテン場のHPなどでゴムやローションの有無を確認しておくのがおすすめです。もしない場合は、持参していきましょう。

シャワーが設置されているハッテン場の場合、感染症予防のためにも行為前にシャワーを浴びるのが鉄則。中にはシャワーのないハッテン場もありますが、そういう場合は自宅でしっかり洗っていくのがいいですよ。

その後、大部屋や談話室を回りながら、好みの女装子さんを見つけて声をかけるという流れです。

ハッテン場に来る女装子さんはほとんどが性行為前提で来ているので、街でのナンパほどは難しくありません。

ちなみに、ハッテン場のHPに設置されている掲示板や出会い系で事前にアポを取り、ハッテン場内で待ち合わせをするパターンもあります。

女装子さんの誘い方

それでは、具体的な女装子さんの誘い方について見ていきましょう。

正直色々なアプローチ方法があるとは思うのですが、個人的には「まずは声掛けする」のがマナーかなと思っています。

ゲイさんの場合だと「いきなりボディタッチ」のようにギラギラしている方が多いのですが、経験上女装子さんは段階を踏んでほしいという方が多いです。

なので、まずは隣に座り、

綺麗だね」、「遊ばない?

など、まずは声掛けしてあげましょう。

反応が良ければボディタッチ、個室に移動という工程を踏んだ方が、スムーズに事が運びますよ。

もし声をかけたのにそっけなかったり、目が合ったのに視線を逸らされたりしたら脈ナシなので撤退です。ここで深追いしても嫌がられるだけなので、他の女装子さんを探しましょう。

また、複数プレイが好きな女装子さんの場合、行為の最中でも個室に鍵をかけていないことがあります。

こうした場合は「参加してもいいよ」という合図であることが多いのですが、もし参加する際も「混ざっていい?」など、事前に声掛けするのがスマート

女装子さんにもタイプがあるので、こちらが好みでなかった場合嫌な反応をされることがありますからね。

誘いを断るときのポイント

有料ハッテン場では、女装子さんからこちらにアピールをしてくることがあります。

中には自分のタイプではない方から誘われる場合もありますが、もししたくないという時は嫌だという意思表示はしっかりしましょう。

一言、「やめてください」と言えばわかってくれる方がほとんどです。(相手が傷つくような言い方はNG)

もしそれでも無理矢理迫ってくるようであれば、その旨をスタッフさんに伝えましょう。

ただ、相手が嫌がっているのにしようとすると出禁になる可能性もあるので、大抵の方はこちらの言うことを聞いてくれます。

女装子狙いなのにゲイさんに狙われそうになった時も同様、「女装子さんを探してます」などとハッキリ伝えればOKです。

ハッテン場でのマナー・注意点

ハッテン場でのマナー

では、ハッテン場でのマナーについて見ていきましょう。

・基本的にはセーフセックスで楽しむのがおすすめ
・遊んだ後はしっかりお礼を言おう
・断られても不快な態度を示さない
・ハッテン場は清潔に使おう
・大声で話さない

基本的にはセーフセックスで楽しむのがおすすめ

ハッテン場でのマナー

女装ハッテン場では、基本的にセーフセックスで楽しむのがおすすめです。

セーフセックスは、ゴムフェラ、ゴム挿入、キスはなし、で性行為を行うもの。

なぜセーフセックスをおすすめするかというと、ゴムなしでの挿入、フェラは性病のリスクがグッと上がってしまうからです。

調査によると、エイズなどは同性同士の方がかかりやすいというデータもあるほどなんですよ。

もちろんゴムなしのフェラなど気持ちいいものですが、長期的に楽しいセックスライフを満喫するには、セーフでするのが賢明でしょう。

また、行為の後には必ずシャワーと手洗いをして体を清潔に保ってくださいね。(1人との行為ごとにシャワーを浴びましょう)

【関連記事】

女装子・ニューハーフとのアナルセックスで感染する恐れのある性病と対策について

遊んだ後はしっかりお礼を言おう

ハッテン場でのマナー

女装子さんと楽しんだ後には、必ずお礼を言いましょう

まれに黙って部屋を出ていく方もいるそうですが、これは相手に不快な思いをさせてしまいます。

ハッテン場内で噂が広まり、誰も絡んでくれなくなる可能性もあるでしょう。

行為が終わった後は、

ありがとう」、「気持ちよかったよ

など、感謝の気持ちを伝えるのがマナーですよ。

断られても不快な態度を示さない

ハッテン場でのマナー

ハッテン場では、相手に誘いを断られたからと言って不快な態度を示さないことも大事

先ほども触れましたが、ハッテン場では女装子さんに断られてしまうこともあります。

「嫌なものははっきり言う」というのがハッテン場のルールでもあるので、うまくいかないこともあるんですよね。

しかし、だからと言ってあからさまに気持ちを態度に出すと、相手に不快感を与えてしまいます。

「ハッテン場はそういうものだ」と割り切って遊ぶことも大切ですよ。

また、逆の立場で、ゲイさんなどにいきなり体を触られることもあります。

そういう時も不快感を爆発させたりせず、「やめてください」と落ち着いて伝えましょう。

ハッテン場は清潔に使おう

ハッテン場でのマナー

当たり前ですが、ハッテン場は清潔に使いましょう。

ハッテン場は利用者全員のものであり、全員が気持ちよく利用できるように努めるべきです。

まれにですが、出したごみを放置していったりする方もいます。かなり迷惑ですし、後で利用する方たちは不快に思いますよね。

個室の床に体液などが付いてしまったら必ず拭く、出したゴミは片付ける、など当たり前ですがしっかりやりましょう。

大声で話さない

ハッテン場でのマナー

ハッテン場では、談話室のような大部屋であっても大声で話すのはやめましょう。

他の利用者もいますので、普通に迷惑します。

あくまでも利用者全員の場所ですので、節度を持った声量で話すようにしましょう。

公園など野外スポットのマナー

公園などの野外スポットも、女装子さんとの出会いスポットになっている場合があります。

各地域に出会いスポットとなっている公園があるので、事前に掲示板や出会い系などでアポをとり女装子さんと出会うのが一般的です。

公園は公共の場所ですので、もちろん女装子さんが利用しても問題ありません。

しかし、中には過激な行為をして近隣の方に迷惑をかけてしまう女装子さん、純男さんもいるのです。

こうした行為からトラブルになり、公園から女装子さんが締め出されたり、最悪の場合警察のお世話になったりした事例もあります…。

結論、野外の公園などでは過激なハッテン行為は慎むのがいいと思います。

昼間の時間帯は嫌でも目につきますし、子供さんの目についてしまうことは言語道断です。

加えて衛生状態もよくありませんし、病気のリスクもありますからね…。

そうした行為をする際には、有料のハッテン場や、同性同士でも利用できるホテルの利用をおすすめします。

【関連記事】

全国の女装ハッテン場一覧!都道府県別まとめ

まとめ

女装ハッテン場で女装子さんと出会う流れや、マナーなどについてまとめました。

ハッテン場は数千円で利用でき、気軽に女装子さんと出会えるスポットです。

マナーを守り、ぜひスリリングな出会いを楽しんでくださいね。

もし、コミュ力に自信がない、近くに発展場がない、という方は、出会系サイトを使って女装子さんと出会うのがおすすめですよ。

それでは、素敵な女装子さんと出会えることを願っています!

【関連記事】

女装子さんと出会いがあるサイト、スポットまとめ

\ワクワクメールの無料登録はこちら/

今なら1,700円分のポイントプレゼント!

-女装コラム